水飲み鳥の進化の実際

水飲み鳥の固定

更新日:

水飲み鳥はとても軽いので、少しの振動で位置がずれてしまう

水飲み鳥はとても軽く、少しくらいの振動で元のその位置からmm単位で動く可能性はじゅうぶんあります。
載せているテーブルや棚に体が少しあたってしまったとか、歩いている振動とか、地震、ドアの開閉による風など々...です。

給水器に固定するためのアイデアです

水飲み鳥の進化では、ペットボトルに一度水をセットすると長期間、水を追加することなく昼夜休ま約1ヶ月以上動き続ける頑張り屋のかわいい鳥ですとうたっているからには、多少の振動などにもずれることがない様な固定治具があればとても安心であると思います。

そこで、下の写真の様なものを製作してみました。

水飲み鳥専用固定用部品

この水飲み鳥専用の固定用部品は、3Dプリンタで製作しています。3Dプリンタはこういったアイデアを思いついたらすぐに形にできて、確認し、ちょっと改良して調整して製作しなおすことができるので、どんなときにも開発ツールとしてはとても便利です。

 

水飲み鳥固定用部品(装着したところ)


上記の水飲み鳥専用の固定用部品を実際に装着した場合、少しだけ取れにくくするために挟み込む幅の寸法をきつく微調整したり、水飲み鳥本体の突起物に合わせてはみ込めるように工夫をしたりと調整し完成しています。

 

水飲み鳥固定用部品(装着したところ(2匹))


実際に2匹の水飲み鳥に装着し、わかりやすく前後ろに並べて写真を撮ってみました。

 

水飲み鳥専用自動給水機にセットたところ(1匹)


上記の水飲み鳥を水飲み鳥専用の自動給水機にセットしてみました。かみ合わせは、ゆるからず、きつからずいい感じの出来上がりにしています。

 

水飲み鳥専用自動給水機にセットたところ(2匹)


実際に2匹の水飲み鳥をそれぞれの水飲み鳥専用の自動給水機に装着し、わかりやすく前と横に並べて写真を撮ってみました。

 

いい感じに出来上がりました。




-水飲み鳥の進化の実際

Copyright© 水飲み鳥の進化 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.